皮膚科、アレルギー科、小児皮膚科、美容皮膚科
(保険診療・各種保険取り扱い)

03-5487-4112
〒141-0031
東京都品川区西五反田2-7-8 誠實ビル3F(1F:ナチュラルローソン)
受付時間 月火水金 10:00-12:30、15:00-19:00
  9:00-11:30、13:00-16:30
    木、日、祝日 休診

アレルギー科

アレルギーとは

アレルギーとは

ヒトの体には、ウイルスや細菌などの異物が体内に入ってきた時に、これらを攻撃する免疫機能というのが元々備わっています。ただ、この免疫機能は時として害を与えないもの(花粉や食物など)にまで過剰に反応し、鼻水やくしゃみ、目の痒みなど自分自身を傷つけてしまう様々な症状を引き起こすことがあります。これをアレルギー(反応)と言います。

当院では、アレルギー物質(アレルゲン:アレルギーの原因となる抗原)によって引き起こされるアトピー性皮膚炎、金属アレルギー、食物アレルギーなどの診断・治療、検査を行います。気になるアレルギー性の症状、またはアレルギー性の可能性がありそうな症状がみられたら、ご受診ください。

アトピー性皮膚炎

小児に多いとされるアレルギー性疾患ですが、沢山の大人も治療が必要とな状態であることが多いです。小児期は主に肘の内側、膝の裏にかゆみを伴う湿疹ですが、成人は首、顔の皮疹が目立つことが多いです。放置すると全身に湿疹が及ぶことがあります。適切な保険診療内治療で定期的に受診すれば症状は安定することが見込まれます。ぜひ当クリニックにご相談下さい。

かぶれ

人間はあらゆるものにかぶれる可能性があります。かぶれを繰り返すならば、その原因を調べることが必要になる場合があります。当クリニックでは可能性がある物質を複数項目同時に測定できるアレルギー検査を行っております。ぜひご相談下さい。

脂漏性皮膚炎

成人の、眉毛や鼻すじにカサカサした皮膚をつけ、ぼんやりと赤ら顔になる病気です。その本体は多くなった皮脂と常在菌が悪さしているといいます。定期的に受診すれば症状は緩和できることが多いです。治療中でなかなか治らない場合もご相談下さい。

皮脂欠乏性湿疹

冬の乾燥した時期に布団に入って寝ようとしたら急に体や手足が痒くなる病気です。適切な外用薬にてあの痒みを抑えることができます。ぜひご相談下さい。

じんましん

蚊に咬まれたような膨らみをもつ斑点が全身に出ます。社会人は夕方になると出ることが多いです。適切な内服薬で症状を抑えることが可能です。原因についてもアレルギー検査ができますのでご相談下さい。

花粉症

目のかゆみ、赤み、鼻水、鼻づまり、顔の湿疹など症状は多彩です。春のスギが代表的ですが、秋のブタクサなども花粉症の原因になります。当クリニックでは、花粉症のアレルギー検査がありますし、最も多いスギ花粉に対する舌下免疫療法も行えますのでご相談下さい。

その他よくみられる疾患

  • 気管支喘息
  • アレルギー性鼻炎
  • 食物アレルギー
  • 金属アレルギー など

初めて診察を受ける方へ

初めてアレルギー科を受診する患者様には、以下のような「メモ書き」をご用意いただくと、診療が円滑になりますので、可能な範囲でご協力ください。

  • 初めて症状が出た時期
  • 症状の具体的な内容
  • 症状が出たきっかけ
  • その後の症状の経過
  • これまでにかかった医療機関
  • これまでに受けた検査の結果
  • これまでに使用してきた薬の名称
  • アレルギー患者が家族にいるか
  • ペットの有無
  • 喫煙の有無 など

クリニック概要

五反田駅前ひふ科

TEL.03-5487-4112(よいひふ)

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-7-8 誠實ビル3F(1F:ナチュラルローソン)

診療科目:
皮膚科、アレルギー科、小児皮膚科、美容皮膚科
(保険診療・各種保険取り扱い)
アクセス:
JR五反田駅西口より徒歩30秒、都営浅草線五反田駅A2出口 目の前
★土曜のみ9:00-12:00、13:00-17:00
    (受付は午前11:30、午後16:30まで)
休診日: 木曜日、日曜日、祝日
診療時間 日祝
10:00〜13:00
(受付は12:30まで)
15:00〜19:30
(受付は19:00まで)
地図
JR山手線「五反田駅」
西口から徒歩30秒
都営浅草線「五反田駅」
A2出口目の前