皮膚科、アレルギー科、小児皮膚科、美容皮膚科
(保険診療・各種保険取り扱い)

03-5487-4112
〒141-0031
東京都品川区西五反田2-7-8 誠實ビル3F(1F:ナチュラルローソン)
受付時間 月火水金 10:00-12:30、15:00-19:00
  9:00-11:30、13:00-16:30
    木、日、祝日 休診

光線治療

光線治療の有効な疾患

  • 尋常性乾癬
  • 尋常性白斑
  • 掌蹠膿疱症
  • アトピー性皮膚炎
  • 類乾癬
  • 慢性苔癬状粃糠疹
  • 菌状息肉症
  • 悪性リンパ腫  など

光線治療とは

光線療法とは太陽光に含まれるUVA、UVB、UVCの各波長の紫外線のうち、皮膚治療に有効性が確認された紫外線を用いた治療法です。

ごくわずかな幅の紫外線には「免疫の働きを調整する作用」があり、その作用を利用し皮膚(皮疹)へ直接照射する治療法になります。

当院ではエキシマライトとナローバンドUVBを用いて治療を行っております。

短期の副作用としては、皮膚の発赤、色素沈着等があり、長期の副作用としては皮膚の老化や発がん性が可能性として考えられますが、臨床上問題になってはいません。

エキシマライト(スポット治療)

光線治療

エキシマライトとは、「尋常性白斑」「尋常性乾癬」「掌蹠膿疱症」「アトピー性皮膚炎」などの皮膚疾患を治療する紫外線療法です。(「円形脱毛症」は自費で行うことがあります。ご相談ください。)

従来の紫外線療法と比べ、病変部位にのみスポット照射を行うことが可能です。

このため、以前よりも強力な光線を照射できるので、少ない回数で効果を期待することができます。また、従来の紫外線療法では改善しにくかった皮膚病変にも効果があることが確認されています。

一箇所あたりの照射時間は数秒から数十秒と短時間で、痛みはありません。

ナローバンドUVB(広範囲の治療)

光線治療

ナローバンドUVB療法とは、中波紫外線の領域に含まれる非常に幅の狭い波長域(311±2nm)を持った紫外線(NB-UVB)を照射して皮膚治療する方法です。

全身型の光線治療ですので、一度に体の半分を照射することができるため、体の広い範囲に皮膚症状がある場合や、体全体のかゆみがある場合に適しています。

一回の照射時間は1分~5分程度で、全身を照射するには前面と後面の2回の照射が必要になります。

診察の流れ

  1. 1.診察診察を行い、照射範囲や強さを決めます。
    治療部位や大きさによって治療の回数は変わるため、治療方法や効果、治療回数、治療にかかる金額を詳しくご説明いたします。
    わからないこと、ご不安なことがあれば、何でもご相談ください。
  2. 2.準備 周囲の正常な皮膚を保護するために日焼け止めクリームを塗ります。
  3. 3.処置 エキシマライトもしくはナローバンドUVBを照射します。
    機器によって照射時間は異なります。痛みは特にありません。
    週1回から週2回の通院で治療をしていただきます。

クリニック概要

五反田駅前ひふ科

TEL.03-5487-4112(よいひふ)

〒141-0031 東京都品川区西五反田2-7-8 誠實ビル3F(1F:ナチュラルローソン)

診療科目:
皮膚科、アレルギー科、小児皮膚科、美容皮膚科
(保険診療・各種保険取り扱い)
アクセス:
JR五反田駅西口より徒歩30秒、都営浅草線五反田駅A2出口 目の前
★土曜のみ9:00-12:00、13:00-17:00
    (受付は午前11:30、午後16:30まで)
休診日: 木曜日、日曜日、祝日
診療時間 日祝
10:00〜13:00
(受付は12:30まで)
15:00〜19:30
(受付は19:00まで)
地図
JR山手線「五反田駅」
西口から徒歩30秒
都営浅草線「五反田駅」
A2出口目の前